評判の名医が見つかる!インプラント治療で失敗しないために読むサイト

こんなはずじゃなかった...インプラントの治療の失敗例と原因
インプラント名医ガイド » 【Q&A】インプラントの疑問をズバリ解決 » インプラントができないケースってあるの?

インプラントができないケースってあるの?

ここでは、インプラントは口腔内の疾患や健康状態によって治療ができない場合があることを解説しています。

インプラント治療は誰もが行なってもらえるわけではない

残念ながらインプラントは外科的手術が必要な治療なので、適正年齢になったからといって誰でも行えるものではありません。持病や健康状態によって治療できない場合もあるため、インプラントに向いている人と不向きな人がいます。

そこでここでは、インプラント治療に不適応な人を一覧にしてまとめてみました。主にインプラント治療には絶対的に治療ができない人と、治療のできない可能性が高い人の2タイプに分けられています。

絶対的に治療ができない人

放射線治療を受けている

癌などの治療で放射線治療を行っている人は、口の中に炎症が起こり骨髄炎を起こしている場合があります。

さらに放射線治療の影響で唾液が出にくい状態となっているため、口内の正常な機能が衰えており治療ができません。

糖尿病の人

糖尿病になると免疫機能が低下して抵抗力が衰えるため、細菌感染がおこりやすい状態になります。

外科的手術を受けてしまうと、傷の回復も遅く再生機能も働かないため骨との結合も上手くいきません。

糖尿病患者の中でもインスリン治療を行っている1型糖尿病の人はインプラント禁忌となっています。

血液疾患や循環器疾患を持っている人

白血病や血小板減少症などの血液疾患を持っている人や、心筋梗塞、高血圧といった循環器の疾患を患っている人は治療を行うことができません。

服用している薬などによって手術中に容態が急変したり、局部麻酔薬などで症状が現れたりするためです。

最近ではインプラント治療の進歩によって絶対にできないこともなくなりましが、リスクは伴う治療となるため内科主治医と密接に連携を図りながら行う必要があります。

治療のできない可能性が高い人

歯周病の人

歯周病のレベルにもよりますが、軽度の場合は歯周治療や口内環境を整えていくことで、充分インプラント治療が可能な状態になります。

歯周病で歯が抜け落ちてしまった場合は、周囲の骨も溶けてしまって治療が困難な場合もあります。ただし骨を結合したり再生したりする治療を行うことで、インプラント治療ができる可能性も高く、重度の歯周病の人でもインプラントに成功している人がたくさんいます。

咬合異常や顎関節症の人

すぐに治療を行うことはできませんが、噛み合わせを改善したり歯並びを矯正する治療をすることによって、インプラント治療ができるようになります。

喫煙者

タバコを吸う人はインプラント治療を行っても定着率が悪く、喫煙していない人と比較すると4倍以上も失敗するとのデータも出ています。

喫煙することで血行が悪くなっており、治癒能力が低下して抵抗力が衰えるなど、インプラント治療においてマイナスの要素が働いてしまうためです。

ほとんどのクリニックでは、インプラント治療を行う場合は禁煙をするように勧めています。

東京23区東部・千葉北西部

インプラント名医がいる歯科3

保証期間
最長15

高橋デンタル
オフィス

高橋デンタルオフィス

他院では有料なところが多いCT撮影が無料。麻酔科医などと連携したチーム医療を行い、安心・安全の治療を追及。

公式サイトを見る

保証期間
最長10

パール歯科医院

パール歯科医院

インプラント治療専用のオペ室を完備し、即日インプラントにも対応。歯の治療だけでなく口臭診断も行う

公式サイトを見る

保証期間
最長10

きたならエキ歯科

きたならエキ歯科

365日休診日なし。セカンドオピニオンも受け付けているクリニック。

公式サイトを見る
PageTop

※このサイトは2017年4月現在、個人がインプラント治療を行っているクリニックについて調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各医院の公式ホームページをご確認ください。

Copyright (C)インプラント治療ならココ!名医がいる歯科医院ガイド【東京23区東部・千葉北西部】 All Rights Reserved.