評判の名医が見つかる!インプラント治療で失敗しないために読むサイト

こんなはずじゃなかった...インプラントの治療の失敗例と原因

GBR

このページでは、骨の量が不足している人がインプラント治療を受ける場合に用いられる、骨増生手術「GBR」を解説。あわせて治療内容や特徴、主な症例などを紹介しています。

自己再生力を利用して骨の再生を促進!GBRとは

インプラント治療を成功させるために大切な要素の一つとしてあげられるのが、「骨の量」です。GBRは生まれつき、あるいは歯を失ったために骨が吸収され、骨に充分な高さや厚みがない人に提案される手術です。治療を受けて骨の量を増やし、インプラント埋入が可能な状態に近づけます。

骨を再生させるGBRとは

歯を失うと、歯周辺の歯槽骨という骨が吸収されていきます。そのため、インプラント治療を耐える土台になる骨に厚みがなくなるため、治療が受けられません。GBR手術では、歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨あるいは骨補填材を入れ、その部分をメンブレン(人工膜)で覆います。メンブレンがはずれないようにチタンピンで留めた後、歯肉弁を戻して縫合。ちなみに、メンブレンは歯肉などの組織の混入を防ぎ、骨の再生を促進するために用いられます。

個人差はありますが、およそ4~6カ月で骨が再生され、インプラントの安定性を確保できる状態になります。

2通りの治療方法

GBRを用いてインプラント治療をする際、2通りの方法があります。GBRとインプラント埋入を同時に行う方法、そしてもう1つはGBRのみを先に行う方法です。

同時に行う場合は、まず、インプラントを骨が必要となる高さの位置まで埋入。そして、粉砕した自家骨あるいは骨補填材を、インプラントの周囲を埋めて覆うように入れます。あとは先述の手順どおり、メンブレンで覆い、歯肉弁を縫合。この方法には、治療にかかる時間が短いというメリットがあります。

しかし、増やす骨の量が多い場合、まずはGBRだけを行い、インプラントを埋入させるための土台が完成するのを待つ必要があります。

GBRを推奨しない場合も

年齢が若く自己再生力が高ければ、骨の量がかなり不足していても骨の再生を促せるため、便利な治療方法と言えます。しかし、骨が理想的な形状にならない場合もあり、必ず成功するとは言い切れないというデメリットもあるのです。そのため、GBRを利用したインプラント治療をあまりすすめない歯科医師もいます。

GBRのメリット

主な症例

30代:奥歯がグラグラしているため、食べ物を噛むのも難しい状態

歯科医院へ通院していたにも関わらず、歯の状態が悪化し続けていたようです。インプラント治療も検討したが、骨がないため治療を断られてしまった患者さんです。特別な細菌が原因で、若年のうちに発症する歯槽膿漏を患っており、放置しておくと、歯が順番に抜けていってしまう状態でした。

レントゲン写真を見ると、奥歯のひとつは骨がないため、歯ぐきの中に浮かんでいるような状態でした。そのため、GBRで骨をつくってからインプラントを入れる治療計画をたてました。

治療終了後からおよそ2年半が経過した時点で撮影したレントゲン写真を見ると、骨の組織が安定していることがわかります。患者さんは「しっかりと噛んで物をおいしく食べられるようになった」と喜んでいます。

東京23区東部・千葉北西部

インプラント名医がいる歯科3

保証期間
最長15

高橋デンタル
オフィス

高橋デンタルオフィス

他院では有料なところが多いCT撮影が無料。麻酔科医などと連携したチーム医療を行い、安心・安全の治療を追及。

公式サイトを見る

保証期間
最長10

パール歯科医院

パール歯科医院

インプラント治療専用のオペ室を完備し、即日インプラントにも対応。歯の治療だけでなく口臭診断も行う

公式サイトを見る

保証期間
最長10

きたならエキ歯科

きたならエキ歯科

365日休診日なし。セカンドオピニオンも受け付けているクリニック。

公式サイトを見る
PageTop

※このサイトは2017年4月現在、個人がインプラント治療を行っているクリニックについて調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各医院の公式ホームページをご確認ください。

Copyright (C)インプラント治療ならココ!名医がいる歯科医院ガイド【東京23区東部・千葉北西部】 All Rights Reserved.