評判の名医が見つかる!インプラント治療で失敗しないために読むサイト

こんなはずじゃなかった...インプラントの治療の失敗例と原因

骨移植・骨造成

ここでは、インプラント治療の際に行われる骨移植や骨造成について紹介。治療内容や特徴についてまとめています。

骨が足りなくても安心!骨移植・骨造成とは

骨が不足している人に施す手術

骨移植や骨造成は、インプラント体を埋め込むための骨が不足している場合に行う補助的な外科的手術のことで、種類によってはインプラントの手術と同時に行う場合もあります。

インプラントを埋入するための十分な骨量を確保しなければならないので、不足している骨の量によって手術の規模は異なりますが、軽度から中程度であれば口内から移植することが可能。

手術には高度な技術が必要

骨移植・骨造成を行うことで、インプラントの状態を安定させることができます。

歯科医師であれば誰でもできる治療というわけではなく、骨を作るという高度な技術と知識が必要なので、インプラントの名医がいるクリニックで行うことが大切です。

骨移植・骨造成の種類

骨移植や骨造成にはさまざまな技術があり、患者の骨の状態やニーズに応じて選ぶことができます。

GBR法(骨再生誘導法)

骨が失われた部位に自分の骨や人工骨を移植して、無くなった歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を図る治療法です。

インプラントを埋入する手術前に必要な量の骨を作る場合と、手術の時に同時に進行で行われることがあります。

サイナスリフト

骨の厚みが3~5mmより少ない場合に行われる治療法です。

奥歯の上部には上顎洞と呼ばれる部分があり、上顎の奥歯にインプラント体を埋め込む際に必要な骨量を確保するため、自分の骨や人工骨を移植していきます。

一般的には半年ほど移植骨が安定するのを待つ必要があるため、この方法と同時にインプラント埋入をすることはできません。

ソケットリフト

上顎の奥の骨の高さが不足している時に、上顎洞を覆っている粘膜を持ち上げながらインプラントを同時に埋め込むことで、骨の長さを高くする方法です。

インプラントを埋め込む際に、溝の奥に骨補填材を入れることで、骨の密度が高まりインプラント治療が可能になります。

東京23区東部・千葉北西部

インプラント名医がいる歯科3

保証期間
最長15

高橋デンタル
オフィス

高橋デンタルオフィス

他院では有料なところが多いCT撮影が無料。麻酔科医などと連携したチーム医療を行い、安心・安全の治療を追及。

公式サイトを見る

保証期間
最長10

パール歯科医院

パール歯科医院

インプラント治療専用のオペ室を完備し、即日インプラントにも対応。歯の治療だけでなく口臭診断も行う

公式サイトを見る

保証期間
最長10

きたならエキ歯科

きたならエキ歯科

365日休診日なし。セカンドオピニオンも受け付けているクリニック。

公式サイトを見る
PageTop

※このサイトは2017年4月現在、個人がインプラント治療を行っているクリニックについて調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各医院の公式ホームページをご確認ください。

Copyright (C)インプラント治療ならココ!名医がいる歯科医院ガイド【東京23区東部・千葉北西部】 All Rights Reserved.