評判の名医が見つかる!インプラント治療で失敗しないために読むサイト

こんなはずじゃなかった...インプラントの治療の失敗例と原因

インプラント治療のよくあるトラブル

ここでは、インプラント治療において起こる可能性のあるトラブルについて、ご紹介します。

インプラントのトラブルは急増している?

インプラントは、歯科治療において、まだまだイレギュラーな治療と考えられています。その証拠に、保険適用はされない治療です。最近は増えてきた治療ではありますが、トラブルがあったことも知っておかなくてはいけません。

よく起こるトラブル

神経の損傷

神経が通っている近くでドリルを使うとなると、ドリルが直接神経に触れてしまってダメージを与えるのはもちろんですが、ドリルを使った際の振動で神経がダメージを受けることもあります。神経が損傷すると、口の感覚がマヒするなど、後遺症が心配です。神経の損傷なら、いずれは回復する可能性が高いですが、神経が断裂してしまうと元には戻りません。

血管の損傷

手術の際、大きな動脈が通っている近くに穴を開ける必要があります。ちゃんと避けて穴を開けることができればいいのですが、動脈を避けることができず、損傷してしまう可能性もゼロではありません。誤って動脈を損傷してしまうと、ちょっとの出血では済まず、大量な出血につながります。その結果、ひどい場合は死亡事故に発展することもあるでしょう。実際に、2007年にはフラップレス手術という方法を用いた手術で、血管を損傷して出血が発生し、患者が死亡したという事故が起こりました。医師はベテランだったのですが、フラップレス手術という、患者に負担が少ないように歯肉を切開せずに行う術式だったため、血管がどこにあるのか、また距離がわかりにくかったことが原因だとされています。

こういった怖いトラブルになってしまう恐れがゼロではありません。

インプラントのぐらつき

インプラントは、自分の歯のように硬いものでもしっかりと食べられる、というのが治療結果として好ましいのですが、トラブルにはぐらつきもあります。通常は、チタンを使用しているため、骨に埋め込むと自然と組織と結合するようになっているのですが、埋め込みが不十分だったり、角度や位置が間違っていた、骨が損傷を受けた、細菌に感染したなど…様々な原因が考えられます。

上顎洞への迷入

副鼻腔の一つが上顎洞なのですが、空洞になっています。そこにインプラントの歯根が迷入してしまうこともあります。入ってしまったものは摘出しなくてはいけません。迷入はしていなくても、穴を開ける際などに細菌が入り込んでしまって、上顎洞炎になる恐れもあるでしょう。

どれぐらいの頻度でトラブルは起こるの?

ラブルについて知ると、自分もトラブルに遭ってしまったらどうしよう…とインプラントの治療が不安になりますよね。もちろんトラブルに遭う確率はゼロではないとしても、自分でトラブルを避けられる方法を選ぶことはできます。特に、大事なのは歯科選びではないでしょうか。

インプラント治療をはじめ、歯科治療はどの病院へ行っても同じ、というわけではありません。医師によって、適切だと思う方法は異なります。それが医療です。

だからこそ、患者自身がどんな治療法を受けたいか、どの医師を信用するのか…決めなくてはいけません。インプラントの治療は、できるだけ経験がある医師がいいですね。経験とともに、様々な症例をやってきた医師がおすすめです。また、病院の衛生管理などもしっかりとしているかも確認しましょう。

インプラントに定評のある名医に相談しよう

東京23区東部・千葉北西部

インプラント名医がいる歯科3

保証期間
最長15

高橋デンタル
オフィス

高橋デンタルオフィス

他院では有料なところが多いCT撮影が無料。麻酔科医などと連携したチーム医療を行い、安心・安全の治療を追及。

公式サイトを見る

保証期間
最長10

パール歯科医院

パール歯科医院

インプラント治療専用のオペ室を完備し、即日インプラントにも対応。歯の治療だけでなく口臭診断も行う

公式サイトを見る

保証期間
最長10

きたならエキ歯科

きたならエキ歯科

365日休診日なし。セカンドオピニオンも受け付けているクリニック。

公式サイトを見る
PageTop

※このサイトは2017年4月現在、個人がインプラント治療を行っているクリニックについて調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各医院の公式ホームページをご確認ください。

Copyright (C)インプラント治療ならココ!名医がいる歯科医院ガイド【東京23区東部・千葉北西部】 All Rights Reserved.