評判の名医が見つかる!インプラント治療で失敗しないために読むサイト

こんなはずじゃなかった...インプラントの治療の失敗例と原因

治療の流れ

ここでは、インプラント治療の一連の流れを解説しながら確認事項や気を付けておきたいことなどをまとめています。

インプラント治療の流れと期間

一般的なインプラントの治療期間は施術方法や症状によって異なりますが、平均すると大体3か月から10か月くらいとなっています。

しかし、最近では短期間で行える方法も確立されて、治療が長期化するケースが少なくなってきています。

さまざまな治療方法がありますが、ここでは代表的な治療スケジュールを紹介していきます。

治療プロセスとスケジュール

STEP1:検査と治療プラン

施術前の精密検査はインプラントを埋め込む際に必ず行う必要があります。現状の歯の状態を正確に把握するため、目視では分からない部分をよく調べなければなりません。

レントゲンや歯科用CTなどを用いて、骨の強度や骨格、埋め込む位置などを細かくチェックし、施術方針などを決めていきます。

STEP2:手術

インプラントの術式によって手術回数に違いがありますが、1~2回程度の処置で人工歯根であるインプラントを埋め込んでいきます。

麻酔は局所麻酔と静脈内鎮静法があります。静脈内鎮静法は半分眠った状態になるため、治療中のストレスが軽減されます。

クリニックの中には専門の麻酔科医が在籍しているところがあります。麻酔科医が在籍していると、手術を行う医師は手術に集中することができるので、より安全で安心の治療を受けることができるのでオススメです。

STEP3:定着期間・2次手術

2回手術を行う場合は消毒や抜糸などをしてから、骨とチタン製の人工歯根(インプラント)が定着していくのを待ちます。

3か月から半年ほどの期間を空けてから、埋め込んだインプラントにアバットメントという連結部分の装着手術を行います。

この手術をしてから1~6週間後に人工歯を取り付けていきます。

STEP5:人工歯を装着

最近は短期間での治療が可能な人であれば、1日でここまで行うことも可能です。

本来ある自分の歯の形や色、総合的な噛み合わせや歯並びを確認しながら、インプラントに装着する人工歯(上部構造)を装着していきます。

術後に気を付けておきたいこと

インプラントは歯周病になってしまうと、歯肉にダメージが加わって耐久性が落ちてしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。

インプラントは人工物なので、少しでも放置してしまうとトラブルになってしまう危険性もあります。

クリニックによってアフターケアの内容が異なるため、どのようなケアを行うのかを確認しておきましょう。

東京23区東部・千葉北西部

インプラント名医がいる歯科3

保証期間
最長15

高橋デンタル
オフィス

高橋デンタルオフィス

他院では有料なところが多いCT撮影が無料。麻酔科医などと連携したチーム医療を行い、安心・安全の治療を追及。

公式サイトを見る

保証期間
最長10

パール歯科医院

パール歯科医院

インプラント治療専用のオペ室を完備し、即日インプラントにも対応。歯の治療だけでなく口臭診断も行う

公式サイトを見る

保証期間
最長10

きたならエキ歯科

きたならエキ歯科

365日休診日なし。セカンドオピニオンも受け付けているクリニック。

公式サイトを見る
PageTop

※このサイトは2017年4月現在、個人がインプラント治療を行っているクリニックについて調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各医院の公式ホームページをご確認ください。

Copyright (C)インプラント治療ならココ!名医がいる歯科医院ガイド【東京23区東部・千葉北西部】 All Rights Reserved.