評判の名医が見つかる!インプラント治療で失敗しないために読むサイト

こんなはずじゃなかった...インプラントの治療の失敗例と原因

インプラント治療の同意書

ここでは、インプラント治療を受ける際の同意書について、ご紹介していきます。

インプラントの同意書に書かれていること

説明を受けました、という同意

インプラントは顎の骨の中に、穴をあけて人工歯根を埋め込むという治療を行います。顎の骨には、血管・神経などが集まっているので、とても丁寧に、そして慎重に行わなくてはいけません。

ただし、顎の骨の中の状態は、目で見てわかるわけではありません。事前にできるだけ見ておけるように、CTを撮影したりといろいろ行うのですが、実際に手術をはじめてみて、シミュレーション通りにいくとは限りません。

医師からの説明は、メリットもあればデメリットもあります。それらすべてが、医師から患者さんへするべき説明です。この説明を受けたかどうか、それを確認する文章も記載されています。

手術の流れについて確認しました、という同意

どんな手術をするのか、わからないままで手術をする医師はいません。医師からの説明は、よくわからないし…と思わず、ちゃんと自分が受ける手術の流れを知っておきましょう。手術の流れをある程度知っておくことで、手術が円滑で問題なく行われているかを知ることができます。手術の基本的な流れだけではなく、もしものことが起こったときにはどう処置をするのかなど…そういったところまでしっかりと説明してもらいましょう。

これも、同意書に記載されています。

結果に保証はできないことに対する同意

インプラントの手術は、もちろん成功するためにするものですが、結果は医師でも予測は難しいです。顎の骨はどれぐらいで回復するのか、インプラントはどれぐらい持つのかなど、先のことまではわかりませんし、医師から明確な期間を伝えて、それが嘘になってしまっては大変です。手術をするのは医師でも、手術を受けた結果に関しては、保証できない…ということですね。無責任な気もしてしまうのですが、個人差がある結果に対して、こうなったから成功、こうなったから失敗と判断することはできません。

インプラント治療の同意書が必要な理由

治療内容に納得してもらう

こんな治療をします、と医師から説明を受けますが、その後に同意書は必要です。同意書を書いているということは、ちゃんと説明を受けました、という証にもなります。インプラント治療は高額ですし、人工歯根を骨に埋め込むことになるので、ちゃんと納得したうえで治療を受けなくてはいけません。

トラブルを防ぐ

歯科トラブルは、世の中で増えているのだとか。インプラントの成功率はとても高いのですが、中にはその後のトラブルにつながってしまう可能性もあるでしょう。同意書があると、インプラントを受けることに同意したということになるので、トラブルがこじれてしまうことがありません。

同意書は必ずチェックしよう

インプラントの治療は、同意書なしで始めることはできません。同意書って、細かな文字で長い文章が書かれていることも多いので、読むのが面倒だな…と思ってしまうかもしれません。でも、同意書はちゃんと確認しなくてはいけない義務が、患者にはあります。インプラント治療は、同意なしではできないからです。そのため、医師も同意書を書いてもらう必要がありますし、患者にも書く必要があります。

医師任せにせずに、ちゃんと自分で同意書に目を通してください。しっかりと内容を把握したうえで同意書にサインしましょう。

インプラント治療の流れについて詳しく見る

東京23区東部・千葉北西部

インプラント名医がいる歯科3

保証期間
最長15

高橋デンタル
オフィス

高橋デンタルオフィス

他院では有料なところが多いCT撮影が無料。麻酔科医などと連携したチーム医療を行い、安心・安全の治療を追及。

公式サイトを見る

保証期間
最長10

パール歯科医院

パール歯科医院

インプラント治療専用のオペ室を完備し、即日インプラントにも対応。歯の治療だけでなく口臭診断も行う

公式サイトを見る

保証期間
最長10

きたならエキ歯科

きたならエキ歯科

365日休診日なし。セカンドオピニオンも受け付けているクリニック。

公式サイトを見る
PageTop

※このサイトは2017年4月現在、個人がインプラント治療を行っているクリニックについて調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各医院の公式ホームページをご確認ください。

Copyright (C)インプラント治療ならココ!名医がいる歯科医院ガイド【東京23区東部・千葉北西部】 All Rights Reserved.